2019年

4月

22日

とにかく甘い

甘い、ぬるい。

 

自分も含めて世の中の人間が甘すぎる。

 

衣食住とお金があるのが当たり前。

 

だから甘い。

 

【PR】

EMIとEMSの両方の観点を備えて初めてEMC対策と言えます。

部品は年々周波数が高くなり小型化しています。それにつられて回路や基板も高周波になり、ノイズ対策が重要になります。低電源化の影響で電源が少し不安定なだけでスレッシュホールドラインにひっかかり誤動作します。

 回路とアートワーク(プリント基板のパターン設計)でまずはハードウェア(基板)を完璧に動作させます。評価・試験で特性が出ない時にソフトのデバッグをしても基板が不安定では意味がありません。

たくさんのノイズ対策経験と最新のシミュレーションでノイズを消します。

 伝導ノイズ(ディファレンシャルモードノイズ・コモンモードノイズ)、放射ノイズ、電源の高周波ノイズ、パルスノイズ、サージノイズ等、お任せ下さい。

これらのノウハウで、当たり前ですが「しっかり動作する」ハードウェアを設計・製造します。

動作が不安定な基板の評価・検証・シミュレーションも承ります。

 

   【EMS事業】

プリント基板のアートワーク(プリント基板のパターン設計)、製造、部品実装、ノイズ対策はアートワークへ。ノイズ解析(EMI、EMC、SI、SP)、ハードウェア開発、FPGA設計、ソフトウェア開発、伝送線路シミュレーション、アプリケーション、DDR2、DDR3、RoHS対応、ビルドアップ基板、IVH基板、高周波基板、アルミ基板、フレキ基板、フレキシブル基板、リジットフレキ基板、アナログ基板、画像処理基板、PCIexpress、USB3.0試作から量産までEMSは全てお任せ下さい。特急対応も得意です。 各種試作~量産製造、部品調達、イニシャル込みで1万円台からの試作基板製も行っております。BGAのリペア、取り外し、リボール、ジャンパーも対応しております。

0 コメント

2019年

4月

16日

もってる人はやっぱり違う

土日、ゴルフのマスターズを食い入るように観てました。

 

松山、小平の日本人プロはもちろん、日本人のアマチュアも参加して活躍してたので楽しかったんですけど、どうしても気になってしまうのがタイガーウッズ。

 

ゴルフは4日間戦うんですけど、もう3日目の前半くらいから「舞台が整い始めてる。」と鳥肌が立ってきました。

タイガーウッズが首位でもないし首位争いをしている訳でもないんです。もちろん20年前のように断トツで強い訳でもないんです。

でも、じわじわじわじわ順位を上げて来て、しかもどんどん調子が上がってきて、ミスショットをしても強運で救われたり、とんでもないスーパーショットが出たり「来てる、来てる。」と思ってしまう。

そして4日目の後半で首位に立ち、抜きつ抜かれつ。

でもマスターズという大舞台で回りがミスを連発しだす。でもタイガーはマスターズで4勝。マスターズの勝ち方を知っている。そして他のトーナメントも合わせると通算80勝。トーナメントの勝ち方を知っている。落ち着いて、無理をしないで、自分のプレーを淡々とし続ける。ミスをしたら笑って感情を戻し、うまくいきすぎると険しい顔をして感情を戻す。常に凪の状態にする。

 

そして一打差で優勝。

 

とても一打差なんて感じないくらい安心して観ていられるし、もう全体が優勝へと導いているようにしか見えない。

 

目に見えない力なんて信じないけど、今回ばかりは「持っている人は違う。」と感じました。

 

タイガー完全復活。昨年の初めの順位は世界2000位。そこから這い上がっての完全勝利。

腰の手術と膝の手術をそれぞれ3~4回やって、フォームも全く変わって、それでも勝つ。

 

かっこよすぎるぜ。

 

【PR】

EMIとEMSの両方の観点を備えて初めてEMC対策と言えます。

部品は年々周波数が高くなり小型化しています。それにつられて回路や基板も高周波になり、ノイズ対策が重要になります。低電源化の影響で電源が少し不安定なだけでスレッシュホールドラインにひっかかり誤動作します。

 回路とアートワーク(プリント基板のパターン設計)でまずはハードウェア(基板)を完璧に動作させます。評価・試験で特性が出ない時にソフトのデバッグをしても基板が不安定では意味がありません。

たくさんのノイズ対策経験と最新のシミュレーションでノイズを消します。

 伝導ノイズ(ディファレンシャルモードノイズ・コモンモードノイズ)、放射ノイズ、電源の高周波ノイズ、パルスノイズ、サージノイズ等、お任せ下さい。

これらのノウハウで、当たり前ですが「しっかり動作する」ハードウェアを設計・製造します。

動作が不安定な基板の評価・検証・シミュレーションも承ります。

 

   【EMS事業】

プリント基板のアートワーク(プリント基板のパターン設計)、製造、部品実装、ノイズ対策はアートワークへ。ノイズ解析(EMI、EMC、SI、SP)、ハードウェア開発、FPGA設計、ソフトウェア開発、伝送線路シミュレーション、アプリケーション、DDR2、DDR3、RoHS対応、ビルドアップ基板、IVH基板、高周波基板、アルミ基板、フレキ基板、フレキシブル基板、リジットフレキ基板、アナログ基板、画像処理基板、PCIexpress、USB3.0試作から量産までEMSは全てお任せ下さい。特急対応も得意です。 各種試作~量産製造、部品調達、イニシャル込みで1万円台からの試作基板製も行っております。BGAのリペア、取り外し、リボール、ジャンパーも対応しております。

0 コメント

2019年

4月

15日

強者の法則

先日の続きです。

 

通常は人数と売り上げは比例するのに、展示会はなぜ反比例するのか?

 

それは、人間の行動真理にかかわってきます。

 

展示会は3日間あります。

 

そうすると人間の行動真理として「3日間あるならまだ行かなくていいか。」という夏休みの宿題状態になります。

あとは「時間があったら行こう。」という人もいます。

そして一番の弱者は「金曜日だから展示会に行って直帰して飲みに行こう。」と、早く帰るための口実に展示会を利用する。

 

一方で強者の発想は「問題解決するなら少しでも早い方がいい。」「一番空いていて説明員が元気な時に行こう。」「最終日は混むから避けたい。」「金曜日は緊急なことも起こりやすいし、行けるうちに早めに行っておこう。」

成功者は人と同じことをしないから成功するわけですね。

 

なのでギリギリにならないと行動しない弱者が最終日の終了間際に殺到する訳です。そういう方は行動しないので発注もしない。つまり売り上げにつながらない。

 

というような理由で展示会最初の一番人が少ない時のお客さんが一番売り上げにつながる上客なんです。

 

同じようなことって他にもありますよね。

 

今の思考パターンを疑い、逆のことをやってみると今まで見えなかったことが見えてきますね。

 

【PR】

EMIとEMSの両方の観点を備えて初めてEMC対策と言えます。

部品は年々周波数が高くなり小型化しています。それにつられて回路や基板も高周波になり、ノイズ対策が重要になります。低電源化の影響で電源が少し不安定なだけでスレッシュホールドラインにひっかかり誤動作します。

 回路とアートワーク(プリント基板のパターン設計)でまずはハードウェア(基板)を完璧に動作させます。評価・試験で特性が出ない時にソフトのデバッグをしても基板が不安定では意味がありません。

たくさんのノイズ対策経験と最新のシミュレーションでノイズを消します。

 伝導ノイズ(ディファレンシャルモードノイズ・コモンモードノイズ)、放射ノイズ、電源の高周波ノイズ、パルスノイズ、サージノイズ等、お任せ下さい。

これらのノウハウで、当たり前ですが「しっかり動作する」ハードウェアを設計・製造します。

動作が不安定な基板の評価・検証・シミュレーションも承ります。

 

   【EMS事業】

プリント基板のアートワーク(プリント基板のパターン設計)、製造、部品実装、ノイズ対策はアートワークへ。ノイズ解析(EMI、EMC、SI、SP)、ハードウェア開発、FPGA設計、ソフトウェア開発、伝送線路シミュレーション、アプリケーション、DDR2、DDR3、RoHS対応、ビルドアップ基板、IVH基板、高周波基板、アルミ基板、フレキ基板、フレキシブル基板、リジットフレキ基板、アナログ基板、画像処理基板、PCIexpress、USB3.0試作から量産までEMSは全てお任せ下さい。特急対応も得意です。 各種試作~量産製造、部品調達、イニシャル込みで1万円台からの試作基板製も行っております。BGAのリペア、取り外し、リボール、ジャンパーも対応しております。

0 コメント

2019年

4月

12日

展示会の法則

 

人数と売り上げが反比例する法則です。

 

展示会は通常3日間、水、木、金で行われます。

 

人数、つまり来場者数は水曜日の朝が一番少なく、金曜の夕方が一番多くなります。開催してから終わりまで見事に右肩上がりで増えます。

これは合計来場者という意味ではなく、時間ごとの来場する人数が増えるという意味です。

金曜日には入場受付の数が倍になるくらい入場者が増えます。会期中の半分の来場者が金曜日の午後に来ると言っても過言ではありません。

 

次に売上ですが、これは名刺交換して展示会後に商談して実際に受注に至る数とその金額の合計です。

 

これが来場社数と反比例します。

 

つまり水曜日の開場間際で、まだ人が少ない時に名刺交換をした方が一番受注率が高くて、それから人数が増えれば増える程、受注率は下がります。

 

なぜだか分かりますか?

 

【PR】

EMIとEMSの両方の観点を備えて初めてEMC対策と言えます。

部品は年々周波数が高くなり小型化しています。それにつられて回路や基板も高周波になり、ノイズ対策が重要になります。低電源化の影響で電源が少し不安定なだけでスレッシュホールドラインにひっかかり誤動作します。

 回路とアートワーク(プリント基板のパターン設計)でまずはハードウェア(基板)を完璧に動作させます。評価・試験で特性が出ない時にソフトのデバッグをしても基板が不安定では意味がありません。

たくさんのノイズ対策経験と最新のシミュレーションでノイズを消します。

 伝導ノイズ(ディファレンシャルモードノイズ・コモンモードノイズ)、放射ノイズ、電源の高周波ノイズ、パルスノイズ、サージノイズ等、お任せ下さい。

これらのノウハウで、当たり前ですが「しっかり動作する」ハードウェアを設計・製造します。

動作が不安定な基板の評価・検証・シミュレーションも承ります。

 

   【EMS事業】

プリント基板のアートワーク(プリント基板のパターン設計)、製造、部品実装、ノイズ対策はアートワークへ。ノイズ解析(EMI、EMC、SI、SP)、ハードウェア開発、FPGA設計、ソフトウェア開発、伝送線路シミュレーション、アプリケーション、DDR2、DDR3、RoHS対応、ビルドアップ基板、IVH基板、高周波基板、アルミ基板、フレキ基板、フレキシブル基板、リジットフレキ基板、アナログ基板、画像処理基板、PCIexpress、USB3.0試作から量産までEMSは全てお任せ下さい。特急対応も得意です。 各種試作~量産製造、部品調達、イニシャル込みで1万円台からの試作基板製も行っております。BGAのリペア、取り外し、リボール、ジャンパーも対応しております。

0 コメント

2019年

4月

11日

展示会、繁盛してます。

今週はビッグサイトで展示会です。

オリンピックの影響で駐車場が使えなくて、暴風雨の中で搬入に苦労しました(^^;

 

でも展示会は反響です!

 

反響です。って変な日本語ですね(笑)

【PR】

EMIとEMSの両方の観点を備えて初めてEMC対策と言えます。

部品は年々周波数が高くなり小型化しています。それにつられて回路や基板も高周波になり、ノイズ対策が重要になります。低電源化の影響で電源が少し不安定なだけでスレッシュホールドラインにひっかかり誤動作します。

 回路とアートワーク(プリント基板のパターン設計)でまずはハードウェア(基板)を完璧に動作させます。評価・試験で特性が出ない時にソフトのデバッグをしても基板が不安定では意味がありません。

たくさんのノイズ対策経験と最新のシミュレーションでノイズを消します。

 伝導ノイズ(ディファレンシャルモードノイズ・コモンモードノイズ)、放射ノイズ、電源の高周波ノイズ、パルスノイズ、サージノイズ等、お任せ下さい。

これらのノウハウで、当たり前ですが「しっかり動作する」ハードウェアを設計・製造します。

動作が不安定な基板の評価・検証・シミュレーションも承ります。

 

   【EMS事業】

プリント基板のアートワーク(プリント基板のパターン設計)、製造、部品実装、ノイズ対策はアートワークへ。ノイズ解析(EMI、EMC、SI、SP)、ハードウェア開発、FPGA設計、ソフトウェア開発、伝送線路シミュレーション、アプリケーション、DDR2、DDR3、RoHS対応、ビルドアップ基板、IVH基板、高周波基板、アルミ基板、フレキ基板、フレキシブル基板、リジットフレキ基板、アナログ基板、画像処理基板、PCIexpress、USB3.0試作から量産までEMSは全てお任せ下さい。特急対応も得意です。 各種試作~量産製造、部品調達、イニシャル込みで1万円台からの試作基板製も行っております。BGAのリペア、取り外し、リボール、ジャンパーも対応しております。

0 コメント

2019年

4月

10日

粛々と粛々と

昨日の続きです。

 

毎日駅前で挨拶をして、いざ選挙になると地方議員の応援で地元にいない。

でも地元の祭りやスポーツ大会や運動会やちょっとしたイベントにも必ず参加する。

 

選挙の時だけ声高に名前を連呼する議員とは真逆ですよね。

 

その方は自民党の方ですが、自民党が政権を民主党に取られた選挙でさえ、この人は10万票以上の大差で当選していました。もちろん選挙中に地元にはいません(笑)

 

その人は、今は官房長官の菅さんです。北海道出身なのに横浜で出馬して、地道にしゅくしゅくと進まれています。あれだけ大臣が代わる中、さすがの粛々さですよね。

 

去年、15年ぶりくらいに会いましたが、まとう雰囲気、言葉遣い、勉強になりました。

 

【PR】

EMIとEMSの両方の観点を備えて初めてEMC対策と言えます。

部品は年々周波数が高くなり小型化しています。それにつられて回路や基板も高周波になり、ノイズ対策が重要になります。低電源化の影響で電源が少し不安定なだけでスレッシュホールドラインにひっかかり誤動作します。

 回路とアートワーク(プリント基板のパターン設計)でまずはハードウェア(基板)を完璧に動作させます。評価・試験で特性が出ない時にソフトのデバッグをしても基板が不安定では意味がありません。

たくさんのノイズ対策経験と最新のシミュレーションでノイズを消します。

 伝導ノイズ(ディファレンシャルモードノイズ・コモンモードノイズ)、放射ノイズ、電源の高周波ノイズ、パルスノイズ、サージノイズ等、お任せ下さい。

これらのノウハウで、当たり前ですが「しっかり動作する」ハードウェアを設計・製造します。

動作が不安定な基板の評価・検証・シミュレーションも承ります。

 

   【EMS事業】

プリント基板のアートワーク(プリント基板のパターン設計)、製造、部品実装、ノイズ対策はアートワークへ。ノイズ解析(EMI、EMC、SI、SP)、ハードウェア開発、FPGA設計、ソフトウェア開発、伝送線路シミュレーション、アプリケーション、DDR2、DDR3、RoHS対応、ビルドアップ基板、IVH基板、高周波基板、アルミ基板、フレキ基板、フレキシブル基板、リジットフレキ基板、アナログ基板、画像処理基板、PCIexpress、USB3.0試作から量産までEMSは全てお任せ下さい。特急対応も得意です。 各種試作~量産製造、部品調達、イニシャル込みで1万円台からの試作基板製も行っております。BGAのリペア、取り外し、リボール、ジャンパーも対応しております。

0 コメント

2019年

4月

09日

粛々と

選挙やってましたね。

 

選挙の時だけ土日も夜も構わずに大声で、本人も乗っていない車から拡声器で怒鳴りまくる人には投票しません。

 

でも、雨の日も風の日も、選挙と関係ない日に毎日朝も夕方も駅前に立って「行ってらっしゃい。お帰りなさい。」と言い続け、選挙になると人の選挙区に行って応援ばかりして地元に一日もいない。そんな人に投票してしまいますね。私の子供のころからの地元の人です。今は投票できる地域でも役職でもありませんが、昔からそんな人に投票していました。

 

天邪鬼なのか、本質はそこなのか。

 

あまり政治的なことを言うと問題になるので言いませんが、上記の理由で投票した人を紹介しますね。誰でしょうか?

 

【PR】

EMIとEMSの両方の観点を備えて初めてEMC対策と言えます。

部品は年々周波数が高くなり小型化しています。それにつられて回路や基板も高周波になり、ノイズ対策が重要になります。低電源化の影響で電源が少し不安定なだけでスレッシュホールドラインにひっかかり誤動作します。

 回路とアートワーク(プリント基板のパターン設計)でまずはハードウェア(基板)を完璧に動作させます。評価・試験で特性が出ない時にソフトのデバッグをしても基板が不安定では意味がありません。

たくさんのノイズ対策経験と最新のシミュレーションでノイズを消します。

 伝導ノイズ(ディファレンシャルモードノイズ・コモンモードノイズ)、放射ノイズ、電源の高周波ノイズ、パルスノイズ、サージノイズ等、お任せ下さい。

これらのノウハウで、当たり前ですが「しっかり動作する」ハードウェアを設計・製造します。

動作が不安定な基板の評価・検証・シミュレーションも承ります。

 

   【EMS事業】

プリント基板のアートワーク(プリント基板のパターン設計)、製造、部品実装、ノイズ対策はアートワークへ。ノイズ解析(EMI、EMC、SI、SP)、ハードウェア開発、FPGA設計、ソフトウェア開発、伝送線路シミュレーション、アプリケーション、DDR2、DDR3、RoHS対応、ビルドアップ基板、IVH基板、高周波基板、アルミ基板、フレキ基板、フレキシブル基板、リジットフレキ基板、アナログ基板、画像処理基板、PCIexpress、USB3.0試作から量産までEMSは全てお任せ下さい。特急対応も得意です。 各種試作~量産製造、部品調達、イニシャル込みで1万円台からの試作基板製も行っております。BGAのリペア、取り外し、リボール、ジャンパーも対応しております。

0 コメント

2019年

4月

07日

年度って?

この時期に新年度が始まるのは絶対に桜のせいだ。

桜が舞っている時にいろいろ始めた方が初心を思い出した時に印象が良い。

 

桜って年度を決める力がある。

 

美が持つ力。

 

それに従う人。

 

素敵だ。

 

 

て、思ってたら、年度がこの時期になったのは130年くらい前でそれまでは12月末だったらしい(笑)

 

でも桜ってすごい。

 

て、思ってたら、桜は関係なく、米の収穫をして税の計算が終わるのがこの時期なのと、当時の世界一の経済大国はイギリスで、イギリスが会計年度を3月締めにしていたからならったらしい。なんてシステマティックな(笑)

 

でもきっと桜の影響もあったはずさ。

 

【PR】

EMIとEMSの両方の観点を備えて初めてEMC対策と言えます。

部品は年々周波数が高くなり小型化しています。それにつられて回路や基板も高周波になり、ノイズ対策が重要になります。低電源化の影響で電源が少し不安定なだけでスレッシュホールドラインにひっかかり誤動作します。

 回路とアートワーク(プリント基板のパターン設計)でまずはハードウェア(基板)を完璧に動作させます。評価・試験で特性が出ない時にソフトのデバッグをしても基板が不安定では意味がありません。

たくさんのノイズ対策経験と最新のシミュレーションでノイズを消します。

 伝導ノイズ(ディファレンシャルモードノイズ・コモンモードノイズ)、放射ノイズ、電源の高周波ノイズ、パルスノイズ、サージノイズ等、お任せ下さい。

これらのノウハウで、当たり前ですが「しっかり動作する」ハードウェアを設計・製造します。

動作が不安定な基板の評価・検証・シミュレーションも承ります。

 

   【EMS事業】

プリント基板のアートワーク(プリント基板のパターン設計)、製造、部品実装、ノイズ対策はアートワークへ。ノイズ解析(EMI、EMC、SI、SP)、ハードウェア開発、FPGA設計、ソフトウェア開発、伝送線路シミュレーション、アプリケーション、DDR2、DDR3、RoHS対応、ビルドアップ基板、IVH基板、高周波基板、アルミ基板、フレキ基板、フレキシブル基板、リジットフレキ基板、アナログ基板、画像処理基板、PCIexpress、USB3.0試作から量産までEMSは全てお任せ下さい。特急対応も得意です。 各種試作~量産製造、部品調達、イニシャル込みで1万円台からの試作基板製も行っております。BGAのリペア、取り外し、リボール、ジャンパーも対応しております。

0 コメント

2019年

4月

04日

蚊とブリゴキともう一つ

世の中に絶対要らないもの。

 

もちろんブリゴキと蚊が2トップです。

 

誰が何というとこの2つは不要です。

 

百害あって一利なし。

 

ダントツで2トップだったんですけど、年々この牙城を脅かすものが現れてきました。

 

それは、エイプリルフールです。

 

これ、要りますか?

 

とんでもない嘘をついてもこの日だから分かるし、軽い嘘ならうざいし。

その間をつく絶妙な嘘ならいいか?それが一番迷惑だし。

 

エイプリルフールに嘘をつくなんてダサいことはしたことがないので、それを忘れてたまたまこの日にこちらが斬新なアイデアを出すと、「あ、エイプリルフールですね!」とかいう反応をされて興ざめして、いい迷惑です。

 

なんでこんな日があるんでしょうね。

 

嘘というのは相手のためにする行為であって、欺いたり自己満足で使ってはいけない。

 

まじめか

 

【PR】

EMIとEMSの両方の観点を備えて初めてEMC対策と言えます。

部品は年々周波数が高くなり小型化しています。それにつられて回路や基板も高周波になり、ノイズ対策が重要になります。低電源化の影響で電源が少し不安定なだけでスレッシュホールドラインにひっかかり誤動作します。

 回路とアートワーク(プリント基板のパターン設計)でまずはハードウェア(基板)を完璧に動作させます。評価・試験で特性が出ない時にソフトのデバッグをしても基板が不安定では意味がありません。

たくさんのノイズ対策経験と最新のシミュレーションでノイズを消します。

 伝導ノイズ(ディファレンシャルモードノイズ・コモンモードノイズ)、放射ノイズ、電源の高周波ノイズ、パルスノイズ、サージノイズ等、お任せ下さい。

これらのノウハウで、当たり前ですが「しっかり動作する」ハードウェアを設計・製造します。

動作が不安定な基板の評価・検証・シミュレーションも承ります。

 

   【EMS事業】

プリント基板のアートワーク(プリント基板のパターン設計)、製造、部品実装、ノイズ対策はアートワークへ。ノイズ解析(EMI、EMC、SI、SP)、ハードウェア開発、FPGA設計、ソフトウェア開発、伝送線路シミュレーション、アプリケーション、DDR2、DDR3、RoHS対応、ビルドアップ基板、IVH基板、高周波基板、アルミ基板、フレキ基板、フレキシブル基板、リジットフレキ基板、アナログ基板、画像処理基板、PCIexpress、USB3.0試作から量産までEMSは全てお任せ下さい。特急対応も得意です。 各種試作~量産製造、部品調達、イニシャル込みで1万円台からの試作基板製も行っております。BGAのリペア、取り外し、リボール、ジャンパーも対応しております。

0 コメント

2019年

4月

02日

やり続けるとついてくるもの

いくつか立ち上げているビジネスのうちの一つがフィロネスですが、これは無事に立ち上がり、これから2回目の募集をするところです。

 

初めての音声収録の時には噛み噛みでうまく話せず、テンションも低かったり、原稿を読むことに集中してしまって棒読みだったり、半日掛かってしまいました。

でも、何でも続けていくと慣れるもので今回の新しい音声講座は割とスムーズに行きました。

 

前回の音声講座とメール講座は捨てて、全く新しい内容にしましたので、よければ聞いてください。

http://philoness.com/

 

セミナーも初めての時は緊張しまくって自分で何を話しているのかも覚えていませんでしたが、それも徐々に慣れてゆったりと話せるようになりました。

 

よろしければ参加してみて下さい。

http://philoness.com/seminar/

 【PR】

EMIとEMSの両方の観点を備えて初めてEMC対策と言えます。

部品は年々周波数が高くなり小型化しています。それにつられて回路や基板も高周波になり、ノイズ対策が重要になります。低電源化の影響で電源が少し不安定なだけでスレッシュホールドラインにひっかかり誤動作します。

 回路とアートワーク(プリント基板のパターン設計)でまずはハードウェア(基板)を完璧に動作させます。評価・試験で特性が出ない時にソフトのデバッグをしても基板が不安定では意味がありません。

たくさんのノイズ対策経験と最新のシミュレーションでノイズを消します。

 伝導ノイズ(ディファレンシャルモードノイズ・コモンモードノイズ)、放射ノイズ、電源の高周波ノイズ、パルスノイズ、サージノイズ等、お任せ下さい。

これらのノウハウで、当たり前ですが「しっかり動作する」ハードウェアを設計・製造します。

動作が不安定な基板の評価・検証・シミュレーションも承ります。

 

   【EMS事業】

プリント基板のアートワーク(プリント基板のパターン設計)、製造、部品実装、ノイズ対策はアートワークへ。ノイズ解析(EMI、EMC、SI、SP)、ハードウェア開発、FPGA設計、ソフトウェア開発、伝送線路シミュレーション、アプリケーション、DDR2、DDR3、RoHS対応、ビルドアップ基板、IVH基板、高周波基板、アルミ基板、フレキ基板、フレキシブル基板、リジットフレキ基板、アナログ基板、画像処理基板、PCIexpress、USB3.0試作から量産までEMSは全てお任せ下さい。特急対応も得意です。 各種試作~量産製造、部品調達、イニシャル込みで1万円台からの試作基板製も行っております。BGAのリペア、取り外し、リボール、ジャンパーも対応しております。

0 コメント

2019年

4月

01日

更新の力

毎日のブログのアクセス数は平均50人くらいですが、久しぶりにブログを連日更新したところアクセス数が一気に増えました。

ブログを書いていない時も時々チェックして下さっていて「お、最近書いてるな、じゃ明日も見てみるか」と定期的に見て下さっていた方がたくさんいらっしゃるということですね。

ありがとうございます。

 

今、いくつかのビジネスを並行で立ち上げているのでなかなかブログを書けませんが、たまに更新しますね。

 

たまにかよ(^^;

 

 

【PR】

EMIとEMSの両方の観点を備えて初めてEMC対策と言えます。

部品は年々周波数が高くなり小型化しています。それにつられて回路や基板も高周波になり、ノイズ対策が重要になります。低電源化の影響で電源が少し不安定なだけでスレッシュホールドラインにひっかかり誤動作します。

 回路とアートワーク(プリント基板のパターン設計)でまずはハードウェア(基板)を完璧に動作させます。評価・試験で特性が出ない時にソフトのデバッグをしても基板が不安定では意味がありません。

たくさんのノイズ対策経験と最新のシミュレーションでノイズを消します。

 伝導ノイズ(ディファレンシャルモードノイズ・コモンモードノイズ)、放射ノイズ、電源の高周波ノイズ、パルスノイズ、サージノイズ等、お任せ下さい。

これらのノウハウで、当たり前ですが「しっかり動作する」ハードウェアを設計・製造します。

動作が不安定な基板の評価・検証・シミュレーションも承ります。

 

   【EMS事業】

プリント基板のアートワーク(プリント基板のパターン設計)、製造、部品実装、ノイズ対策はアートワークへ。ノイズ解析(EMI、EMC、SI、SP)、ハードウェア開発、FPGA設計、ソフトウェア開発、伝送線路シミュレーション、アプリケーション、DDR2、DDR3、RoHS対応、ビルドアップ基板、IVH基板、高周波基板、アルミ基板、フレキ基板、フレキシブル基板、リジットフレキ基板、アナログ基板、画像処理基板、PCIexpress、USB3.0試作から量産までEMSは全てお任せ下さい。特急対応も得意です。 各種試作~量産製造、部品調達、イニシャル込みで1万円台からの試作基板製も行っております。BGAのリペア、取り外し、リボール、ジャンパーも対応しております。

 

0 コメント

2019年

3月

31日

節目嫌い

昨日の続きです。

 

それは年度末です。

 

うちの会社はバタつく時期をずらしたかったので2月に期末を設定していますが、世間はほぼ3月末。

「ごめん、これ忘れてたから今日中に出して」とか「決算だから支払いを一ヶ月ずらしてもらえませんか?」とか、一部上場企業が何を言ってんだー(笑)ということがよく起こります。

 

今年みたいに月末と週末が重なると土日も対応を迫られたりと・・・

自分が先延ばししていたことでなんでこっちが影響を受けなきゃならんのだ(^^;

毎年毎年、何回もやって何年生きてるんじゃ?と思うわけです。

 

そういえばこの時期で言うと花見は好きですね。なんでだろう?

何月何日って決まっていないからかな?強制参加じゃないからかな?なんか自分のイベント嫌いの原因が少しずつ分かってきたような。原因なんて哲学的にはありませんが(笑)

 

祭りやフェスや花見など、毎年絶対に同じに日にやらずに強制でもなく世間全部がざわつく訳でもなく自分で自由に参加できるものは好きなのかな?

 

【PR】

EMIとEMSの両方の観点を備えて初めてEMC対策と言えます。

部品は年々周波数が高くなり小型化しています。それにつられて回路や基板も高周波になり、ノイズ対策が重要になります。低電源化の影響で電源が少し不安定なだけでスレッシュホールドラインにひっかかり誤動作します。

 回路とアートワーク(プリント基板のパターン設計)でまずはハードウェア(基板)を完璧に動作させます。評価・試験で特性が出ない時にソフトのデバッグをしても基板が不安定では意味がありません。

たくさんのノイズ対策経験と最新のシミュレーションでノイズを消します。

 伝導ノイズ(ディファレンシャルモードノイズ・コモンモードノイズ)、放射ノイズ、電源の高周波ノイズ、パルスノイズ、サージノイズ等、お任せ下さい。

これらのノウハウで、当たり前ですが「しっかり動作する」ハードウェアを設計・製造します。

動作が不安定な基板の評価・検証・シミュレーションも承ります。

 

   【EMS事業】

プリント基板のアートワーク(プリント基板のパターン設計)、製造、部品実装、ノイズ対策はアートワークへ。ノイズ解析(EMI、EMC、SI、SP)、ハードウェア開発、FPGA設計、ソフトウェア開発、伝送線路シミュレーション、アプリケーション、DDR2、DDR3、RoHS対応、ビルドアップ基板、IVH基板、高周波基板、アルミ基板、フレキ基板、フレキシブル基板、リジットフレキ基板、アナログ基板、画像処理基板、PCIexpress、USB3.0試作から量産までEMSは全てお任せ下さい。特急対応も得意です。 各種試作~量産製造、部品調達、イニシャル込みで1万円台からの試作基板製も行っております。BGAのリペア、取り外し、リボール、ジャンパーも対応しております。

 

0 コメント

2019年

3月

30日

粛々とやりなさい。

盆暮れ正月、クリスマス、バレンタインなど、イベントごとが嫌い。

それは世間が浮足立ってざわついて、本来見なければいけない大事なことを見失うから。

哲学的に言うとダスマンという状態になっている。

 

ということは以前からブログで書いていますけど、最近発見した嫌いなイベントがもうひとつありました。

 

私は意図的に時期をずらしていたので私自身の影響はありませんが、世間が同じタイミングにしているのでバタつくし、あおりを受けて急かされたり迷惑なんですよねー。

 

何か分かりますか?

 

【PR】

EMIとEMSの両方の観点を備えて初めてEMC対策と言えます。

部品は年々周波数が高くなり小型化しています。それにつられて回路や基板も高周波になり、ノイズ対策が重要になります。低電源化の影響で電源が少し不安定なだけでスレッシュホールドラインにひっかかり誤動作します。

 回路とアートワーク(プリント基板のパターン設計)でまずはハードウェア(基板)を完璧に動作させます。評価・試験で特性が出ない時にソフトのデバッグをしても基板が不安定では意味がありません。

たくさんのノイズ対策経験と最新のシミュレーションでノイズを消します。

 伝導ノイズ(ディファレンシャルモードノイズ・コモンモードノイズ)、放射ノイズ、電源の高周波ノイズ、パルスノイズ、サージノイズ等、お任せ下さい。

これらのノウハウで、当たり前ですが「しっかり動作する」ハードウェアを設計・製造します。

動作が不安定な基板の評価・検証・シミュレーションも承ります。

 

   【EMS事業】

プリント基板のアートワーク(プリント基板のパターン設計)、製造、部品実装、ノイズ対策はアートワークへ。ノイズ解析(EMI、EMC、SI、SP)、ハードウェア開発、FPGA設計、ソフトウェア開発、伝送線路シミュレーション、アプリケーション、DDR2、DDR3、RoHS対応、ビルドアップ基板、IVH基板、高周波基板、アルミ基板、フレキ基板、フレキシブル基板、リジットフレキ基板、アナログ基板、画像処理基板、PCIexpress、USB3.0試作から量産までEMSは全てお任せ下さい。特急対応も得意です。 各種試作~量産製造、部品調達、イニシャル込みで1万円台からの試作基板製も行っております。BGAのリペア、取り外し、リボール、ジャンパーも対応しております。

 

0 コメント

2019年

3月

29日

そこがロック

昨日の続きです。

 

「なぜ大人になるとCDを買わなくなるのか?」

 

その答えは

 

「大人になると経験が歌詞を超えるから。」です。

 

夢や希望や愛や勇気や、そんなもので食っていけないことに気付く。

 

具体的に言うと、負けないこと投げ出さないこと逃げださないこと信じぬくこと、とか言ってる場合じゃないってことですよね。

 

そこに辿り着けたのがすごいですよね。そしてそこから詞を作ってほしいですね。

 

「歌なんてさくらチラつかせりゃ売れるからみんなそうしてる。」ていう痛快コメントもいいですね~。

 

経験が歌詞を超えるし、どうすれば売れるかも知ってる。だから作る曲がもうない。てはっきり言ってました。この境地からを曲作って欲しいですね。ここで金もうけに走らないところもロックですね。

 

【PR】

EMIとEMSの両方の観点を備えて初めてEMC対策と言えます。

部品は年々周波数が高くなり小型化しています。それにつられて回路や基板も高周波になり、ノイズ対策が重要になります。低電源化の影響で電源が少し不安定なだけでスレッシュホールドラインにひっかかり誤動作します。

 回路とアートワーク(プリント基板のパターン設計)でまずはハードウェア(基板)を完璧に動作させます。評価・試験で特性が出ない時にソフトのデバッグをしても基板が不安定では意味がありません。

たくさんのノイズ対策経験と最新のシミュレーションでノイズを消します。

 伝導ノイズ(ディファレンシャルモードノイズ・コモンモードノイズ)、放射ノイズ、電源の高周波ノイズ、パルスノイズ、サージノイズ等、お任せ下さい。

これらのノウハウで、当たり前ですが「しっかり動作する」ハードウェアを設計・製造します。

動作が不安定な基板の評価・検証・シミュレーションも承ります。

 

   【EMS事業】

プリント基板のアートワーク(プリント基板のパターン設計)、製造、部品実装、ノイズ対策はアートワークへ。ノイズ解析(EMI、EMC、SI、SP)、ハードウェア開発、FPGA設計、ソフトウェア開発、伝送線路シミュレーション、アプリケーション、DDR2、DDR3、RoHS対応、ビルドアップ基板、IVH基板、高周波基板、アルミ基板、フレキ基板、フレキシブル基板、リジットフレキ基板、アナログ基板、画像処理基板、PCIexpress、USB3.0試作から量産までEMSは全てお任せ下さい。特急対応も得意です。 各種試作~量産製造、部品調達、イニシャル込みで1万円台からの試作基板製も行っております。BGAのリペア、取り外し、リボール、ジャンパーも対応しております。

 

0 コメント

2019年

3月

28日

気になる質問

 

「しくじり先生」に大事マンブラザーズのボーカルが出ていました。

 

トークが終始面白かったのですが、その中で「なぜ大人になるとCDを買わなくなるか?」

の回答が印象深かったです。

 

哲学的には因果論なんてありません。世の中に原因なんてなく、結果しか存在しません。

それを証明するにはその前の前の前の前の前から話さないといけませんので10時間かかりますからやめます。本当に。

 

なので私は世の中の疑問の答えなんて必要ないし、聞きたくないし、そんなものは自分で考えるからどうでもいいんです。

 

ですから知りたいという欲求から聞いている訳ではなく、失敗談が好きで聞いていた中にたまたま出てきた質問なのですが、回答が面白かった。

 

あ、失敗談が好きなのは、人の不幸は蜜の味というような低俗な話ではなく、むしろ自分も何百回も失敗しているのでカタルシスを得るというのと、失敗した人を尊敬しているからです。

 

【PR】

EMIとEMSの両方の観点を備えて初めてEMC対策と言えます。

部品は年々周波数が高くなり小型化しています。それにつられて回路や基板も高周波になり、ノイズ対策が重要になります。低電源化の影響で電源が少し不安定なだけでスレッシュホールドラインにひっかかり誤動作します。

 回路とアートワーク(プリント基板のパターン設計)でまずはハードウェア(基板)を完璧に動作させます。評価・試験で特性が出ない時にソフトのデバッグをしても基板が不安定では意味がありません。

たくさんのノイズ対策経験と最新のシミュレーションでノイズを消します。

 伝導ノイズ(ディファレンシャルモードノイズ・コモンモードノイズ)、放射ノイズ、電源の高周波ノイズ、パルスノイズ、サージノイズ等、お任せ下さい。

これらのノウハウで、当たり前ですが「しっかり動作する」ハードウェアを設計・製造します。

動作が不安定な基板の評価・検証・シミュレーションも承ります。

 

   【EMS事業】

プリント基板のアートワーク(プリント基板のパターン設計)、製造、部品実装、ノイズ対策はアートワークへ。ノイズ解析(EMI、EMC、SI、SP)、ハードウェア開発、FPGA設計、ソフトウェア開発、伝送線路シミュレーション、アプリケーション、DDR2、DDR3、RoHS対応、ビルドアップ基板、IVH基板、高周波基板、アルミ基板、フレキ基板、フレキシブル基板、リジットフレキ基板、アナログ基板、画像処理基板、PCIexpress、USB3.0試作から量産までEMSは全てお任せ下さい。特急対応も得意です。 各種試作~量産製造、部品調達、イニシャル込みで1万円台からの試作基板製も行っております。BGAのリペア、取り外し、リボール、ジャンパーも対応しております。

0 コメント

2019年

3月

27日

成功談は聞くな

 「しくじり先生」はいいですね。

成功者の話なんて聞いても何の役にも立ちませんが、失敗者の話は実に役に立ちます。

 

成功する方法なんて人それぞれ、たまたまその人だから成功できた可能性も高い。

しかもその人がまた同じことをやって成功できるかというと環境や状況、時の運などもありそうはうまくいかない。

 

しかし失敗にはなぜか共通点がある。そして失敗へと引きずり込む周りの人にも共通点がある。

 

【PR】

EMIとEMSの両方の観点を備えて初めてEMC対策と言えます。

部品は年々周波数が高くなり小型化しています。それにつられて回路や基板も高周波になり、ノイズ対策が重要になります。低電源化の影響で電源が少し不安定なだけでスレッシュホールドラインにひっかかり誤動作します。

 回路とアートワーク(プリント基板のパターン設計)でまずはハードウェア(基板)を完璧に動作させます。評価・試験で特性が出ない時にソフトのデバッグをしても基板が不安定では意味がありません。

たくさんのノイズ対策経験と最新のシミュレーションでノイズを消します。

 伝導ノイズ(ディファレンシャルモードノイズ・コモンモードノイズ)、放射ノイズ、電源の高周波ノイズ、パルスノイズ、サージノイズ等、お任せ下さい。

これらのノウハウで、当たり前ですが「しっかり動作する」ハードウェアを設計・製造します。

動作が不安定な基板の評価・検証・シミュレーションも承ります。

 

   【EMS事業】

プリント基板のアートワーク(プリント基板のパターン設計)、製造、部品実装、ノイズ対策はアートワークへ。ノイズ解析(EMI、EMC、SI、SP)、ハードウェア開発、FPGA設計、ソフトウェア開発、伝送線路シミュレーション、アプリケーション、DDR2、DDR3、RoHS対応、ビルドアップ基板、IVH基板、高周波基板、アルミ基板、フレキ基板、フレキシブル基板、リジットフレキ基板、アナログ基板、画像処理基板、PCIexpress、USB3.0試作から量産までEMSは全てお任せ下さい。特急対応も得意です。 各種試作~量産製造、部品調達、イニシャル込みで1万円台からの試作基板製も行っております。BGAのリペア、取り外し、リボール、ジャンパーも対応しております。

0 コメント

2019年

3月

06日

群衆は個人ではない

 今の時代は炎上祭りですね。

 

ニュースでは炎上した話ばかり。

 

炎上するようなことをしたり書いたりする軽率な人はもちろん人として足りていませんが、そこにクレームをつけて炎上させる方はもう終わっていますね。

 

ネットに不平不満を書いて何が楽しいのでしょうね。

哲学の世界ではそういう人をルサンチマンと呼びますが、ルサンチマンの対処法は無視です。

 

みんなすぐに謝罪しますが、別に迷惑かかっていませんから不特定多数の人に謝る必要なんてないんです。申し訳ないとも思っていないでしょうから、そんな上っ面の謝罪なんて必要ありません。何か悪いことをしたら被害者に謝罪は必要ですが、いちいちネットでみんなに謝る必要なんてないんです。気にしすぎです。

 

群衆は個人ではありません。一対一で会ったらそんなに悪い人ではなくても群衆になると豹変するのは人間の特徴です。ネットは群衆ですから気にする必要なんてないんです。個人的に脅迫文とかが送られてきて初めて警察に行けばいい。でもそれでも脅迫罪は相手に適用ですからこちらは悪くはありません。

 

政治家でないなら、群衆やルサンチマンは無視です。

 

【PR】

EMIとEMSの両方の観点を備えて初めてEMC対策と言えます。

部品は年々周波数が高くなり小型化しています。それにつられて回路や基板も高周波になり、ノイズ対策が重要になります。低電源化の影響で電源が少し不安定なだけでスレッシュホールドラインにひっかかり誤動作します。

 回路とアートワーク(プリント基板のパターン設計)でまずはハードウェア(基板)を完璧に動作させます。評価・試験で特性が出ない時にソフトのデバッグをしても基板が不安定では意味がありません。

たくさんのノイズ対策経験と最新のシミュレーションでノイズを消します。

 伝導ノイズ(ディファレンシャルモードノイズ・コモンモードノイズ)、放射ノイズ、電源の高周波ノイズ、パルスノイズ、サージノイズ等、お任せ下さい。

これらのノウハウで、当たり前ですが「しっかり動作する」ハードウェアを設計・製造します。

動作が不安定な基板の評価・検証・シミュレーションも承ります。

 

   【EMS事業】

プリント基板のアートワーク(プリント基板のパターン設計)、製造、部品実装、ノイズ対策はアートワークへ。ノイズ解析(EMI、EMC、SI、SP)、ハードウェア開発、FPGA設計、ソフトウェア開発、伝送線路シミュレーション、アプリケーション、DDR2、DDR3、RoHS対応、ビルドアップ基板、IVH基板、高周波基板、アルミ基板、フレキ基板、フレキシブル基板、リジットフレキ基板、アナログ基板、画像処理基板、PCIexpress、USB3.0試作から量産までEMSは全てお任せ下さい。特急対応も得意です。 各種試作~量産製造、部品調達、イニシャル込みで1万円台からの試作基板製も行っております。BGAのリペア、取り外し、リボール、ジャンパーも対応しております。

0 コメント

2019年

3月

01日

リーダーシップ

久しぶりに良質な映画を観ました。
「ウィンストンチャーチル」

始まってすぐにウィンストンチャーチル(イギリス首相)役が、知らないお爺ちゃんで「え?誰これ?勘弁してよ。イギリスでは有名な人?」て、一気に観る気が失せて止めようかと思いました。

この感じならイギリス人でうってつけの名優がいるやん!
アンソニー・ホプキンスにやってもらってよ!!!て叫んで観るのを止めようと思いましたが、すぐに演技力に魅了されて食い入るように観てしまいました。

映画はかなり観ますのでイギリスの俳優も知っていますが、なぜここまでの役者が今まで無名、またはこの私の目に止まらなかったのか。(何様?w)

でも、始まって一時間くらいしてハッとしました・・・
眼鏡越しの上目遣い・・・
どんなにお爺ちゃんの特殊メイクをしても、この瞳の使い方はあの人しかいない。

そう、ゲイリーオールドマンでした。

レオンやフィフス・エレメントを始め、助演のドンです。

気付いた瞬間にもう一度最初から観たくなる衝動を抑えて、そして感極まってしまいました。
「ここまできたんすね。」と。

圧倒的な主役力。
助演や脇役が全く目立たない圧倒的な演技力。
助演でも脇役でも主演でも演じ切るこの名優、うぅ。

調べたらこの映画でアカデミー主演男優賞をとっていました。そりゃとるわ。ここ数年忙しさにかまけてアカデミー賞もチェックしていなければ映画もちゃんと観ていなかったことを反省。

映画の内容を3行で説明すると
第二次大戦中、ヒトラーに屈服しなかった唯一の男。
与党、野党、イギリス国王、全てを敵に回しても白旗を上げず、最後は国王と民衆を味方につけて言葉の力で議会をひっくり返し、ヒトラーに勝利した。

人と世界の本質を知り、言葉を巧みに操る。
でもそれは私利私欲のためではなく、自分の利益より国や国民、組織のことを考えるリーダーシップ。

30年くらい前に年末時代劇でやってた「忠臣蔵」を先日観ましたが、人の上に立つ人間の資質、リーダシップの模範。

このレベルになれば、人間は強欲な欲望機械だということを熟知していて、利他の心も人のためなんて言う綺麗ごとも通用しないことは理解しています。でもそんなこと分かった上で、それでも自分の欲ではなく、組織のため、人のために動く人間に心を打たれます。

自分も含め、周りにこの資質を持つ人の少なさに落胆するとともに、それに気付くことができる自分の力を信じて、もっともっと磨かないといけないと思いました。

人のため、組織のためなんてものは元々ない。
人のため、組織のためは毎日鍛錬しないといけない。

それが自然にできている人は相当な鍛錬をしたということ。

 

 

 

【PR】

EMIとEMSの両方の観点を備えて初めてEMC対策と言えます。

部品は年々周波数が高くなり小型化しています。それにつられて回路や基板も高周波になり、ノイズ対策が重要になります。低電源化の影響で電源が少し不安定なだけでスレッシュホールドラインにひっかかり誤動作します。

 回路とアートワーク(プリント基板のパターン設計)でまずはハードウェア(基板)を完璧に動作させます。評価・試験で特性が出ない時にソフトのデバッグをしても基板が不安定では意味がありません。

たくさんのノイズ対策経験と最新のシミュレーションでノイズを消します。

 伝導ノイズ(ディファレンシャルモードノイズ・コモンモードノイズ)、放射ノイズ、電源の高周波ノイズ、パルスノイズ、サージノイズ等、お任せ下さい。

これらのノウハウで、当たり前ですが「しっかり動作する」ハードウェアを設計・製造します。

動作が不安定な基板の評価・検証・シミュレーションも承ります。

 

   【EMS事業】

プリント基板のアートワーク(プリント基板のパターン設計)、製造、部品実装、ノイズ対策はアートワークへ。ノイズ解析(EMI、EMC、SI、SP)、ハードウェア開発、FPGA設計、ソフトウェア開発、伝送線路シミュレーション、アプリケーション、DDR2、DDR3、RoHS対応、ビルドアップ基板、IVH基板、高周波基板、アルミ基板、フレキ基板、フレキシブル基板、リジットフレキ基板、アナログ基板、画像処理基板、PCIexpress、USB3.0試作から量産までEMSは全てお任せ下さい。特急対応も得意です。 各種試作~量産製造、部品調達、イニシャル込みで1万円台からの試作基板製も行っております。BGAのリペア、取り外し、リボール、ジャンパーも対応しております。

0 コメント

2019年

2月

01日

無理なものは無理

「セールスの質問、なんでも答えます。」コーナー♪

前回の回答が「抽象的すぎて分からない」と言われました(^^;

実際にビジネスで「売っている」から売り上げがあるんじゃないか。というお声を頂きました。

ごもっともな指摘です(^^;

お答えします。

「売上」は簿記の表記上、経理上、決算上、その言葉を使っているだけで、本当に売ってないんです。

でも、これでもたぶん抽象度が高すぎますよね・・・

分かりました。本来、具体的な回答に価値は乗りませんが、がんばってみます。

誤解を恐れずに言います。
これも本当は違うんですけど、あえて抽象度を落として表現しますよ。
「売っているのではなく。買ってもらっている。」んです。

いや、やっぱり違うな・・・

うーん、でも、やっぱりこういう言い方が一番伝わるかもしれません。

本当は買うこともできませんよ。「売る」の対義語ですので当然、自然の摂理に反しますし、生物の仕組みや構造に反しますから。

でも、前回の回答で全く想像がつかない場合は、入り口として「買ってもらうことはできるかも」という可能性から入るといいかもしれません。

※本当は買うこともできませんよ。(しつこいけど)

「売る」なんて神でもできない。自然界に存在しない。
そのことをよーく噛みしめて下さい。

それにどっぷり浸かってください。

そのリアリティが上がると。

「どうしたら売れますか?」なんて質問が出てこなくなります。

当たり前のように「売る」なんて言葉が出てこなくなります。

「売れない」なんて悩まなくなります。

「売れない」なんて、「太陽が昇った」「りんごが落ちた」「お腹がすいた」以上に火を見るよりも明らかなこと。

「売る?」あなたは神ですか?って話です。

さっきよりもっと抽象度を下げて、誤解を覚悟で言いますね。

売ることは何よりも大変です。

売れないんですけど。あ~、パラドックス・・・

ほら、言葉だとこうなる。だからまず言葉と世界の仕組みを理解する必要があるんです。
手抜きしてショートカットするからこういう言葉の世界の矛盾にぶつかりパラドックスに陥る・・・

もう、とことん誤解を覚悟で、めちゃめちゃ具体的なこと言いますね。

そんな構造の中に生きていながらも、もし、もしもですよ、それでも、もし本気で売りたいのなら、陽が昇らないくらい、りんごが落ちないくらい、お腹がすかないくらい思考し尽くさないとダメだということです。

神をも敵に回す覚悟で売る気があるのか?ということです。

そんないばらの道を歩む勇気がある者だけが、微かに感じることができるもの。そんな存在です。

私は神と対峙して不可能に挑戦しています。

もちろん「売ること」は構造上できませんから売ってはいませんけど、世間的に言う「売上」は上げています。

最初の質問が素晴らしすぎてヒートアップしてしまいました・・・

今日はこれくらいにしておきます。

これに懲りずにどんどん質問して下さいね(^^♪

 

 

【PR】

EMIとEMSの両方の観点を備えて初めてEMC対策と言えます。

部品は年々周波数が高くなり小型化しています。それにつられて回路や基板も高周波になり、ノイズ対策が重要になります。低電源化の影響で電源が少し不安定なだけでスレッシュホールドラインにひっかかり誤動作します。

 回路とアートワーク(プリント基板のパターン設計)でまずはハードウェア(基板)を完璧に動作させます。評価・試験で特性が出ない時にソフトのデバッグをしても基板が不安定では意味がありません。

たくさんのノイズ対策経験と最新のシミュレーションでノイズを消します。

 伝導ノイズ(ディファレンシャルモードノイズ・コモンモードノイズ)、放射ノイズ、電源の高周波ノイズ、パルスノイズ、サージノイズ等、お任せ下さい。

これらのノウハウで、当たり前ですが「しっかり動作する」ハードウェアを設計・製造します。

動作が不安定な基板の評価・検証・シミュレーションも承ります。

 

   【EMS事業】

プリント基板のアートワーク(プリント基板のパターン設計)、製造、部品実装、ノイズ対策はアートワークへ。ノイズ解析(EMI、EMC、SI、SP)、ハードウェア開発、FPGA設計、ソフトウェア開発、伝送線路シミュレーション、アプリケーション、DDR2、DDR3、RoHS対応、ビルドアップ基板、IVH基板、高周波基板、アルミ基板、フレキ基板、フレキシブル基板、リジットフレキ基板、アナログ基板、画像処理基板、PCIexpress、USB3.0試作から量産までEMSは全てお任せ下さい。特急対応も得意です。 各種試作~量産製造、部品調達、イニシャル込みで1万円台からの試作基板製も行っております。BGAのリペア、取り外し、リボール、ジャンパーも対応しております。

0 コメント

2019年

1月

17日

どうしたら売れますか?

「セールスの質問、なんでも答えます。」という先日の投稿後に、皆さんからたくさんのご質問を頂きました。

 

ありがとうございます。

 

反響がすごいので、しばらくこのコーナーをやらせて頂きます♪

 

では、早速、答えていきます。

 

最初の質問

 

・どうしたら売れますか?

 

いい質問ですね~。ストレートで分かりやすい。

最初の質問でいきなり全てを網羅して終わってしまいそうなくらい、いい質問ですね~(^^♪

 

 

答えます。

 

まず、最初にちょっと下の文を読んで頂けますか。

 

真冬に種まきをする。

台風の日に船出をする。

猛吹雪の山に登ってピクニックする。

夜中にゴルフをする。

 

これってどう思いますか?

 

どれも自然の摂理に反していますよね?

 

理にかなっていない。

 

ですよね?

 

でも、もしかして・・・

 

「いや、自分なら気合でできる!」

 

て言う人いますか?

 

分かりました。確かにやってできなくはないかもしれません。

 

では

 

これはどうでしょう?

 

 

10日間、水も食料も口にしなくて生きられますか?

10分間、酸素を止められて生きられますか?

水中で生きられますか?

 

どうでしょうか?

 

自然の摂理の前に人間の仕組みとして理に適っていないこと。

 

 

でも、もしかして・・・

 

「いや、生きられる生物もいる。」

 

たしかにそうですね、冬眠する生き物もいるし、水中で生きる生物もいるし、植物は酸素が要りませんね。

 

そうですね。

 

自然の摂理、人間の摂理、生物の摂理、この3つを持ち出せばほとんどのことはできてしまう。

 

では、何でもできる。不可能はない。と答えたあなた。

 

この3つをあてはめても自然界に存在せず、自然の摂理に反しているものは何でしょうか?

 

 

自然の摂理にも、仕組みにも、理にも適っていない。

 

 

ちょっとヒント

 

元々は人間にも理には適っていないけど、現代になって急にやりだした行為です。

 

それまでは人間も含めて全ての生命体でやっていません。動物、植物、物、自然、人工物、これだけは何者も何物もやっていません。前人未踏です。

 

理に反して現代の人間だけがやっていることは何でしょうか?

 

その答え

 

この答えこそが、我々が簡単だと思っているその行為なんです。

 

そう

 

「売る」

 

という行為です。

 

全生物で人間だけが自然の摂理に反して行っている行為。

しかも、通貨が誕生したわずか1000~2000年くらいの浅く短い期間のみ。生物誕生、人類誕生の長い歴史のほんの最近だけの話し。

 

「どうしたら売れますか?」

 

その質問が間違っているんです。

 

売れないんです。

 

「売る」ことはできないんです。

 

「売る」という行為が自然の摂理に反していて、生物の仕組みに反しているから不可能なんです。

 

「どうしたら売れますか?」の回答。

 

売れません。

 

ふざけている訳じゃないですよ。バカにしている訳じゃないですよ。

本当にそうなんです。私もセールスを20年くらいやっていますけど、一度も売ったことはありません。

プロフィールに「非売力(売らない力)」と記載しているのは、そういうことです。

仕組み上、構造上、摂理上、売ることはできないんです。

 

焦らしたり、もったいぶったり、フィロネスのセミナーに誘導するためじゃないですよ(^^;

 

逆にそんなことをするなら「売るための〇〇の方法」とか言って簡単に勧誘できます。

 

セールスに真剣に向き合っている私の本心、真摯に答える本音がこれです。

 

本来「売れない」んです。

 

【PR】

EMIとEMSの両方の観点を備えて初めてEMC対策と言えます。

部品は年々周波数が高くなり小型化しています。それにつられて回路や基板も高周波になり、ノイズ対策が重要になります。低電源化の影響で電源が少し不安定なだけでスレッシュホールドラインにひっかかり誤動作します。

 回路とアートワーク(プリント基板のパターン設計)でまずはハードウェア(基板)を完璧に動作させます。評価・試験で特性が出ない時にソフトのデバッグをしても基板が不安定では意味がありません。

たくさんのノイズ対策経験と最新のシミュレーションでノイズを消します。

 伝導ノイズ(ディファレンシャルモードノイズ・コモンモードノイズ)、放射ノイズ、電源の高周波ノイズ、パルスノイズ、サージノイズ等、お任せ下さい。

これらのノウハウで、当たり前ですが「しっかり動作する」ハードウェアを設計・製造します。

動作が不安定な基板の評価・検証・シミュレーションも承ります。

 

   【EMS事業】

プリント基板のアートワーク(プリント基板のパターン設計)、製造、部品実装、ノイズ対策はアートワークへ。ノイズ解析(EMI、EMC、SI、SP)、ハードウェア開発、FPGA設計、ソフトウェア開発、伝送線路シミュレーション、アプリケーション、DDR2、DDR3、RoHS対応、ビルドアップ基板、IVH基板、高周波基板、アルミ基板、フレキ基板、フレキシブル基板、リジットフレキ基板、アナログ基板、画像処理基板、PCIexpress、USB3.0試作から量産までEMSは全てお任せ下さい。特急対応も得意です。 各種試作~量産製造、部品調達、イニシャル込みで1万円台からの試作基板製も行っております。BGAのリペア、取り外し、リボール、ジャンパーも対応しております。

0 コメント