無駄が気になります

先日の帆船輸送にも繋がりますが、なんで今のテクノロジーでそんな無駄をしているの?

ということか多々あります。

 

ゴミ処理もそうです。

土を使ったゴミ処理機をマンションに設置義務化すれば1日で生ゴミが分解できるのに、なんでCO2を出して運んで、燃やしてCO2を出すのか?

 

100歩譲って運んでもいいので、ゴミ集積所でビニールごとゴミを粉砕して土に還せばいいと思いませんか?

ビニールもいつかは土に還りますし、それが遅いならビニールだけ生物分解性のものにすればいいですよね。

 

ディスポーザーがどれだけ海に影響を与えるかは知りませんが、下水処理場でうまく処理できるなら

ディスポーザーの設置助成をしてもいいですよね。

 

これはどのポジションになれば変えることができるのでしょうか?政治家にならないとだめですか?

 

いや、出馬しませんけど(笑)

 

【PR】

EMIとEMSの両方の観点を備えて初めてEMC対策と言えます。

部品は年々周波数が高くなり小型化しています。それにつられて回路や基板も高周波になり、ノイズ対策が重要になります。低電源化の影響で電源が少し不安定なだけでスレッシュホールドラインにひっかかり誤動作します。

 

回路とアートワーク(プリント基板のパターン設計)でまずはハードウェア(基板)を完璧に動作させます。評価・試験で特性が出ない時にソフトのデバッグをしても基板が不安定では意味がありません。

たくさんのノイズ対策経験と最新のシミュレーションでノイズを消します。

 

伝導ノイズ(ディファレンシャルモードノイズ・コモンモードノイズ)、放射ノイズ、電源の高周波ノイズ、パルスノイズ、サージノイズ等、お任せ下さい。

これらのノウハウで、当たり前ですが「しっかり動作する」ハードウェアを設計・製造します。

動作が不安定な基板の評価・検証・シミュレーションも承ります。

 

  【EMS事業】

プリント基板のアートワーク(プリント基板のパターン設計)、製造、部品実装、ノイズ対策はアートワークへ。ノイズ解析(EMI、EMC、SI、SP)、ハードウェア開発、FPGA設計、ソフトウェア開発、伝送線路シミュレーション、アプリケーション、DDR2、DDR3、RoHS対応、ビルドアップ基板、IVH基板、高周波基板、アルミ基板、フレキ基板、フレキシブル基板、リジットフレキ基板、アナログ基板、画像処理基板、PCIexpress、USB3.0試作から量産までEMSは全てお任せ下さい。特急対応も得意です。 各種試作~量産製造、部品調達、イニシャル込みで1万円台からの試作基板製も行っております。BGAのリペア、取り外し、リボール、ジャンパーも対応しております。

しております。