その電話

時間を奪う要因への対処。

 

昨日の「電話」の話し、感じたことありませんか?

 

もしあるなら僕が実践している対処法があります。

 

あんまり会社のブログで書きたくありませんが、正直に話します。

スタッフに「今日は○時まで電話は取り次がないでくれ」といいます。

その時間に電話があった場合は席に居ても「席を外しています」という対応にな

ります。

 

または今仕事をしている案件でやり取りが発生する可能性がある場合は

「○さんと○さんだけ取りついで」と言います。

 

怒りましたか?

 

ごめんなさい。

 

でも、飲食店ではどんなに偉くても、どんなにお金持ちでも列の最後に並びます

よね。

 

1ヶ月前から待っているお客様、トラブルで困っていてすぐに対応して欲しいと

言われて対処している案件、今日の12時が納品の製品、などなどそんな方々を横

に置いて、急な電話に対処することはできません。たぶん逆の立場で弊社に急ぎ

で仕事をお願いしていて、それを横で見ていた場合に、電話ばかり出ていたら

「ちょっとこっちが先でしょ?早くやってよ」て思いますよね。

 

携帯も同じです。鳴っていても出られない時は出ません。

先の約束を守った後に、電話をして「先ほどはすいません」で怒られたことは

一度もありません。遅い時間になってしまった場合は翌日電話しても大丈夫です。

 

ですから僕に電話を掛けた場合は「今大丈夫ですか?」は不要です。大丈夫な時

にしか出ませんから(笑)。でも笑いごとじゃなくて本当にそうですし、世の中

もそうなるべきだと思っています。

 

電車の中で「今電車の中だからあとで掛ける」て言っている人いますけど、アホ

ですよね。周りに迷惑です。掛けた方も電話代が掛かってしかも用件を伝えられ

ない最悪のパターンです。留守電にしておけば済む話しです。直留守でいいくら

いです。相手はさんざん電話出るまで待たされて、ようやく出たら「今電車です」

時間とお金を返せですよね。話せないなら出るな。出られないなら鳴らすな。

 

あー、また長くなった。すいません。

 

 

【PR】

EMIとEMSの両方の観点を備えて初めてEMC対策と言えます。

部品は年々周波数が高くなり小型化しています。それにつられて回路や基板も高周波になり、ノイズ対策が重要になります。低電源化の影響で電源が少し不安定なだけでスレッシュホールドラインにひっかかり誤動作します。

 

回路とアートワーク(プリント基板のパターン設計)でまずはハードウェア(基板)を完璧に動作させます。評価・試験で特性が出ない時にソフトのデバッグをしても基板が不安定では意味がありません。

たくさんのノイズ対策経験と最新のシミュレーションでノイズを消します。

 

伝導ノイズ(ディファレンシャルモードノイズ・コモンモードノイズ)、放射ノイズ、電源の高周波ノイズ、パルスノイズ、サージノイズ等、お任せ下さい。

これらのノウハウで、当たり前ですが「しっかり動作する」ハードウェアを設計・製造します。

動作が不安定な基板の評価・検証・シミュレーションも承ります。

 

  【EMS事業】

プリント基板のアートワーク(プリント基板のパターン設計)、製造、部品実装、ノイズ対策はアートワークへ。ノイズ解析(EMI、EMC、SI、SP)、ハードウェア開発、FPGA設計、ソフトウェア開発、伝送線路シミュレーション、アプリケーション、DDR2、DDR3、RoHS対応、ビルドアップ基板、IVH基板、高周波基板、アルミ基板、フレキ基板、フレキシブル基板、リジットフレキ基板、アナログ基板、画像処理基板、PCIexpress、USB3.0試作から量産までEMSは全てお任せ下さい。特急対応も得意です。 各種試作~量産製造、部品調達、イニシャル込みで1万円台からの試作基板製も行っております。BGAのリペア、取り外し、リボール、ジャンパーも対応しております。

しております。