異次元

ファーストクラス専用のチェックインカウンターです。

 

いつもやる荷物制限の重量測定とか、タグを貼ったりとか煩わしいことは一切なし。

業務的な会話もなく、なんか日常会話をしている間に手続きが全て終了。

なにこのスムーズさ(*'▽')

 

昨日の画像分かります?個別受付のお姉様と別に「いらっしゃいませ」と受付までのご案内の美女がずらっと並んでるんです!!!

 

そして出ましたドン

シート番号、A1

最初に乗って最初に降りる人っす(-_☆キラリ

もーこの時点でテンション振り切れてて、平静を装うのが大変!

 

「このまま奥にお進み頂き手荷物検査をお願いします。」

「行ってらっしゃいませ!」美女軍団がまたお見送り

 

そして奥へ進むと

「はー・・・い???」

 

ファーストクラス専用の検査場がある!!!X線検査装置が2台。検査官6名。客は俺ともう1人だけ。

あのずらっと並んでベルト外したりかごに荷物入れたりのX検査がこれ?

並ばない、待たない、偉そうにされない(笑)

すてき~

 

そのままイミグレーションもファーストレーンで一瞬。すげー、こんな世界があったのか~

 

受付から7~8分でチェックイン全て完了。

国際線って2時間前に空港に着いて手続きする必要があるという概念がここにはない(^_^;

チケットで並び、荷物預けるのに並び、X腺検査で並び、イミグレーションで並び、搭乗で並びー、が無い!

 

2時間前プラス、もうひとつの楽しみのためにさらに1時間早く来ていたので3時間余っています(-_☆キラリ

そうです!ファーストラウンジに行きましょう!

 

ビジネスクラスに乗った時のラウンジで充分感動したけど、ファーストクラスのラウンジはどうかな、ワクワク

 

画像は受付から直行のファーストクラス専用手荷物検査場への道です。

 

【PR】

EMIとEMSの両方の観点を備えて初めてEMC対策と言えます。

部品は年々周波数が高くなり小型化しています。それにつられて回路や基板も高周波になり、ノイズ対策が重要になります。低電源化の影響で電源が少し不安定なだけでスレッシュホールドラインにひっかかり誤動作します。

 

回路とアートワーク(プリント基板のパターン設計)でまずはハードウェア(基板)を完璧に動作させます。評価・試験で特性が出ない時にソフトのデバッグをしても基板が不安定では意味がありません。

たくさんのノイズ対策経験と最新のシミュレーションでノイズを消します。

 

伝導ノイズ(ディファレンシャルモードノイズ・コモンモードノイズ)、放射ノイズ、電源の高周波ノイズ、パルスノイズ、サージノイズ等、お任せ下さい。

これらのノウハウで、当たり前ですが「しっかり動作する」ハードウェアを設計・製造します。

動作が不安定な基板の評価・検証・シミュレーションも承ります。

 

  【EMS事業】

プリント基板のアートワーク(プリント基板のパターン設計)、製造、部品実装、ノイズ対策はアートワークへ。ノイズ解析(EMI、EMC、SI、SP)、ハードウェア開発、FPGA設計、ソフトウェア開発、伝送線路シミュレーション、アプリケーション、DDR2、DDR3、RoHS対応、ビルドアップ基板、IVH基板、高周波基板、アルミ基板、フレキ基板、フレキシブル基板、リジットフレキ基板、アナログ基板、画像処理基板、PCIexpress、USB3.0試作から量産までEMSは全てお任せ下さい。特急対応も得意です。 各種試作~量産製造、部品調達、イニシャル込みで1万円台からの試作基板製も行っております。BGAのリペア、取り外し、リボール、ジャンパーも対応しております。

しております。