なぜ寝る

先週は展示会で疲れたのか、またはその後にジムに行って筋トレとランにプラスして、いつもはやらないバイクまで漕いだからなのか、15時間寝ました(笑)

 

こんなに寝たのは初めてかもしれません。

そんなに疲れた感じは無かったんですけど、特に予定もなかったので目覚ましもかけずに寝たらなんと一回の睡眠で15時間・・・

 

睡眠って不思議ですよね。

休憩なら1時間くらいで十分なのになんで毎日こんなに長時間寝ないといけないのか?

外敵に命を奪われるリスクまで犯してなぜこんなに睡眠が必要なの?

 

あ、分かった!本当に今分かった(笑)

寝ていれば食べる必要がないから。獲物を捕れない夜中は寝てエネルギー消費を抑えるため。

これ、間違いないですよね。太陽が2つある惑星に生まれていたら寝る機能はなくて一日中食べていたかも知れませんね。

 

でも動物の中で僕だけは、夢で好きな人に逢うために寝ます(^^♪

 

 

あ、なぜバイクまで漕いだのか。ウルトラレースって知ってます?

 

【PR】

EMIとEMSの両方の観点を備えて初めてEMC対策と言えます。

部品は年々周波数が高くなり小型化しています。それにつられて回路や基板も高周波になり、ノイズ対策が重要になります。低電源化の影響で電源が少し不安定なだけでスレッシュホールドラインにひっかかり誤動作します。

 

回路とアートワーク(プリント基板のパターン設計)でまずはハードウェア(基板)を完璧に動作させます。評価・試験で特性が出ない時にソフトのデバッグをしても基板が不安定では意味がありません。

たくさんのノイズ対策経験と最新のシミュレーションでノイズを消します。

 

伝導ノイズ(ディファレンシャルモードノイズ・コモンモードノイズ)、放射ノイズ、電源の高周波ノイズ、パルスノイズ、サージノイズ等、お任せ下さい。

これらのノウハウで、当たり前ですが「しっかり動作する」ハードウェアを設計・製造します。

動作が不安定な基板の評価・検証・シミュレーションも承ります。

 

  【EMS事業】

プリント基板のアートワーク(プリント基板のパターン設計)、製造、部品実装、ノイズ対策はアートワークへ。ノイズ解析(EMI、EMC、SI、SP)、ハードウェア開発、FPGA設計、ソフトウェア開発、伝送線路シミュレーション、アプリケーション、DDR2、DDR3、RoHS対応、ビルドアップ基板、IVH基板、高周波基板、アルミ基板、フレキ基板、フレキシブル基板、リジットフレキ基板、アナログ基板、画像処理基板、PCIexpress、USB3.0試作から量産までEMSは全てお任せ下さい。特急対応も得意です。 各種試作~量産製造、部品調達、イニシャル込みで1万円台からの試作基板製も行っております。BGAのリペア、取り外し、リボール、ジャンパーも対応しております。

しております。