繋がりたいパラドックス

 

一昨日からのブログを書いてて思ったんですけど、年賀状もFBも連絡しないと嫌われてもおかしくないのに、逆に相手が嫌われたかな?と思ってくれちゃう。

 

てことは、嫌われたくない、人と繋がっていたい、それが根底にあってFBとかLINEをやってる人には朗報ですね。

 

やめても嫌われません。むしろ逆に気にかけてくれます。

 

周りでハマっている人がいたらこれを教えてあげて下さい。本当に。

人間の寂しさ、繋がりたい、嫌われたくない、よく思われたい、孤独がやだ、そういった欲求に飲まれているだけで、純粋にFBやLINEを楽しんでいる訳ではない人が多いと思います。

 

そして残酷なことにそこにそれらを満たすものは無い。だからビジネスになる。

永遠に叶わないものをあたかも叶いそうに魅せてリピートさせる。ビジネスの常套手段。

 

それが分かっていて「これこそ我が人生、全ての時間と命を捧げられる。」て思うならどうぞ。

 

僕は「これこそ我が人生、全ての時間と命を捧げられる。」というものにしか時間を使いません。だから年賀状も書かない。

それで嫌われるならそこまでの魅力しかない人間ということです。それなら年賀状を書く時間を使って魅力的な人間になる努力をした方がよい。

 

 

 

魅力的な人間になる努力ってどうするんでしょうね?

 

出てきたらブログにアップしますね。

 

【PR】

EMIとEMSの両方の観点を備えて初めてEMC対策と言えます。

部品は年々周波数が高くなり小型化しています。それにつられて回路や基板も高周波になり、ノイズ対策が重要になります。低電源化の影響で電源が少し不安定なだけでスレッシュホールドラインにひっかかり誤動作します。

 回路とアートワーク(プリント基板のパターン設計)でまずはハードウェア(基板)を完璧に動作させます。評価・試験で特性が出ない時にソフトのデバッグをしても基板が不安定では意味がありません。

たくさんのノイズ対策経験と最新のシミュレーションでノイズを消します。

 伝導ノイズ(ディファレンシャルモードノイズ・コモンモードノイズ)、放射ノイズ、電源の高周波ノイズ、パルスノイズ、サージノイズ等、お任せ下さい。

これらのノウハウで、当たり前ですが「しっかり動作する」ハードウェアを設計・製造します。

動作が不安定な基板の評価・検証・シミュレーションも承ります。

   【EMS事業】

プリント基板のアートワーク(プリント基板のパターン設計)、製造、部品実装、ノイズ対策はアートワークへ。ノイズ解析(EMI、EMC、SI、SP)、ハードウェア開発、FPGA設計、ソフトウェア開発、伝送線路シミュレーション、アプリケーション、DDR2、DDR3、RoHS対応、ビルドアップ基板、IVH基板、高周波基板、アルミ基板、フレキ基板、フレキシブル基板、リジットフレキ基板、アナログ基板、画像処理基板、PCIexpress、USB3.0試作から量産までEMSは全てお任せ下さい。特急対応も得意です。 各種試作~量産製造、部品調達、イニシャル込みで1万円台からの試作基板製も行っております。BGAのリペア、取り外し、リボール、ジャンパーも対応しております。

しております。